スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<JR>京浜東北線に遅れ 線路脇に男性遺体 さいたま(毎日新聞)

 10日午前7時半ごろ、さいたま市浦和区東岸町のJR京浜東北線の線路脇で、男性が倒れているのを運転士が見つけた。県警浦和署によると、男性は40歳ぐらいで既に死亡しており、後頭部に傷があり死後数時間とみられることから、同日未明から早朝にかけ、軌道敷地のフェンス(高さ1.8メートル)を乗り越えようとして転落したとみられる。京浜東北線は大宮-大船間で一時上下線の運転を見合わせ、29本が運休、22本が最大1時間20分遅れ、約6万6000人に影響した。【山本愛】

上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
未記載 政治献金400万円、片山元総務相の岡山支部(毎日新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
スポンサーサイト

医療・介護連携で「地域完結型」の医療を(医療介護CBニュース)

 全国公私病院連盟と全国老人保健施設協会は6月2日、東京都内で「地域における医療と介護の連携セミナー」を開いた。セミナーではまず、国立長寿医療研究センターの大島伸一総長が「医療は変わる」をテーマに講演。高齢化社会では入院治療を前提とした「病院完結型」でなく、医療・介護の連携により地域の医療資源をすべて活用して在宅でも必要な治療を受けられる「地域完結型」の医療が必要との考えを示した。

 大島総長は講演で、人口に占める高齢者の割合の増加などにより、医療需要が変化していると説明。高齢者は完治が容易でなく、QOLの維持・向上が重要な場合も多いため、「治す医療」でなく「治し支える医療」が求められるとした。
 このため、従来の入院治療を前提とした「病院完結型」の医療には限界があると指摘。医療・介護の連携によって地域の医療資源をすべて活用して在宅で生活を送りながらでも最適な医療を受けられる「地域完結型」の医療体制の構築が重要だと強調した。

■患者、利用者中心に医療・介護費の設定を
 その後のパネルディスカッションでは、全老健の川合秀治会長が司会を務め、パネリストとして大島総長、公私連の邉見公雄副会長、全老健の三根浩一郎常務理事が登壇した。

 三根常務理事は、認知症患者のサポート体制について「介護施設と病院の連携は進みつつある」とした上で、地域を巻き込んでの連携が課題との認識を示した。大島総長は「地域の医療・介護の需要と供給を把握できるのは市町村しかない」と指摘し、市町村が中心になって施策を検討すべきとの考えを示した。
 邉見副会長と川合会長は、財務省主導でなく、患者、利用者を中心に考えて医療費と介護費を決めるべきだと訴えた。


【関連記事】
医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員
介護が政治に望むこと(2)「現場の裁量権拡大を」-全老健・川合秀治会長
「治す」だけでなく「支える」医療を
「地域と小規模多機能の連携の強化を」
急性期・回復期の脳卒中診療医の約6割が地域連携「進んだ」

不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
空港の指紋認証すり抜け…韓国人ホステスらの驚愕の裏技(産経新聞)
<事業仕分け>「各省版」スタート 政務三役の「通信簿」(毎日新聞)
「参院選、プラスにならぬ」 府県連、首相辞任に厳しい反応(産経新聞)
「それが団体の見解だ」あくまで傷害の認識を否認するベスーン被告にいらだつ検察官 SS元船長第3回公判(産経新聞)
プロフィール

ミセスはるこ

Author:ミセスはるこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。